このたび、第24回内視鏡外科フォーラム東北(平成25年5月18日、於グランドサンピア八戸)の当番世話人を拝命し、その重責に身の引き締まる思いでございます。青森県ではこれまで弘前市で3回開催されておりますが、ここ八戸で初めて開催されますことは非常に名誉なことであり、代表世話人の徳村弘実先生はじめ、会員の皆様に厚く感謝申し上げます。

 本邦で内視鏡外科手術が始められてから20年あまり経過しました。この間低侵襲性ばかりでなく、安全性、整容性、さらには根治性にも優れた手術であることが広く認識され、新しいデバイスや術式の開発により今なお急速に発展しつつあります。
 各種疾患のガイドラインが多数刊行され、特に癌治療などを中心として医療の均てん化が進められております。しかし残念ながら内視鏡外科手術における地域間格差の存在は否めない事実であると思っております。私どもも今回の開催を契機といたしまして、何とか先進地域に追いつけるよう地域全体で協力し合って、鏡視下手術の拡充に努めたいと考えております。
この会の発足当初の理念を想い起こし、研修医を含む若手医師や、呼吸器外科医、泌尿器科医そして産婦人科医、さらにコメディカルなどにもたくさんご参加いただいて、それぞれの分野、立場からの活発な熱い討論と温かい懇親・交流の場を設定できたなら大変嬉しく思います。

 初夏のこの時期は、新緑と澄んだ青空が広がり、八戸でも1年のうちで最も快適な季節とされています。熱いフォーラムの後には、懇親会で新鮮な海の幸やB級グルメで金メダルに輝いたせんべい汁を、そして翌日にはこの5月より三陸復興国立公園に指定される種差海岸などをご堪能いただければ幸いです。有意義なフォーラムとなりますように精一杯準備させていただきます。多数の皆様のご参加を八戸の地で心よりお待ちしております。
当番世話人
八戸市立市民病院外科  岡本道孝



  事務局
  〒031-8555 八戸市田向字毘沙門平1
  八戸市立市民病院 外科内
  第24回内視鏡外科フォーラム東北事務局担当 大里雅之、三井匡史
  Tel: 0178-72-5111 Fax: 0178-72-5185
  E-mail: esf@hospital.hachinohe.aomori.jp



Copyright © 2013 The 24th Annual Meeting of Endoscopic Surgery Forum in Tohoku, Aomori All rights reserved.